素材やサイズ

通販で認印を作成する場合でも、店舗と同じように細かい調整や融通を利かせてくれる場合もあります。そこをクリアできるように、購入者も念入りに調べて、どういうものを作りたいか、予めきちんと決めて注文先を選ぶとよいでしょう。ここで説明する注意点はハンコの種類やサイズです。数値で表現できるものは予め提示しておくと間違いがないです。

ハンコの種類は大きく分けると、木材、角や象牙、金属や樹脂などがあります。もう少し細かくみると、それらにも種類がたくさんあります。木材では、昔からよく使われている薩摩本柘です。一般的なハンコとして愛用している人も多いです。白壇も使用している人が多く、高級木材として知られています。黒色がシックな玄武は、歪みやひび割れに強い木材です。他にもアグニや楓などがあります。角や象牙では、耐久性に優れた牛角や、貴重なマンモスの角、光沢感のある黒水牛などがあります。

金属や樹脂ではチタンが最近では人気です。耐久性に富んでいますので長く愛用もできます。琥珀樹脂やカラーメタルなど。素材だけでもかなり多くの中から選ぶことができます。こだわりの素材があれば通販での購入が安くて便利ですね。お店によっても品揃えやサイズが異なるのでチェックしてください。

関連資料〔印鑑ダイレクト〕